呼吸器内科

呼吸器内科

  • 感冒
  • 気管支炎
  • 慢性の咳
  • 気管支喘息
  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)・肺気腫
  • 肺炎
  • 間質性肺炎
  • 気管支拡張症
  • 慢性呼吸不全(在宅酸素)
  • 禁煙外来など

気管支喘息

発作的に咳、気道がヒューヒューとなる喘鳴があり、ひどくなると呼吸困難が起きます。早朝に発作的に症状が起こることが多いのが特徴です。

原因は、さまざまな原因物質に反応し、気管支が収縮することで起こるアレルギーの病気です。小児喘息が知られていますが、成人や高齢者になってから発病することもあります。治療により、症状は改善します。

当クリニックで診断と適切な治療をご相談ください。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)・肺気腫

呼吸器内科の画像

慢性的な咳、痰、息切れなどが症状として現れます。主な原因は、喫煙などにより肺機能障害を起こすためです。

呼吸機能検査(肺活量や吐く力の測定)などで診断できます。

内服薬や吸入薬の治療法があり、症状は軽快します。

喫煙の経験があり、慢性的な呼吸器症状(咳、痰、息切れ)でお困りの方は、COPDの疑いがあります。当クリニックにご相談ください。

禁煙外来

当クリニックでは、チャンピックス(飲み薬)を禁煙補助薬として用いた治療を行っております。
治療期間は3ヶ月(12週間)です。
12週間で5回通院していただくようになります。
費用は3割負担の方で、総額 約2万円程度です。
(※来院日時、処方内容等で変動がございます。)

禁煙治療に健康保険等を適応するためには以下の①、②、③、④を満たしていることが必要です。

  • ①ニコチン依存症を診断するテスト(受診時10項目の質問に答えていただきます) で5点以上
  • ②1日の平均本数×これまでの喫煙年数=200以上 例;20本/日×30年=600
  • ③「1ヶ月以内に禁煙を始めたい」と思っている
  • ④禁煙治療を受けることに文書で同意している(受診後問診表などに、日付や自分の名前を記入していただきます。)

※過去に禁煙治療を健康保険で受けたことがある方は、前回の禁煙治療初診日から1年経過していないと保険適応となりませんので、ご注意ください。