一般内科

一般内科

日々の暮らしのなかで、体の変調など健康面で気になることはご相談ください。

また、高血圧症、脂質異常症(高脂血症)、痛風・高尿酸血症、糖尿病など生活習慣病は、放置すると脳梗塞や心筋梗塞などの合併症の引き金になることがわかっています。

健診で要精査の場合は当院へご相談ください。

高血圧症

なんらかの原因で血圧が基準値より高くなった状態(最高血圧140mmHg以上、または最低血圧が90mmHg以上)をいいます。

高血圧のほとんどは、原因が明らかでない本態性高血圧です。

治療は、生活習慣の修正(減塩など食事や嗜好品を中心に食生活をととのえるなど)やリスクの度合いにより薬物療法が加わります。

脂質異常症(高脂血症)

血液中の中性脂肪やLDLコレステロール(悪玉コレステロール)が基準値より高い、またはHDLコレステロール(善玉コレステロール)が基準値より低い状態のことをいいます。

原因は、体質や食習慣、運動不足、肥満などがあげられます。

治療は、生活習慣(食事や運動不足)の改善が基本ですが、程度により薬物療法が加わります。

糖尿病

血液中の糖の濃度が高くなった状態が続く病気で、初期の段階ではほとんど無症状なため血液検査ではじめて診断されることが多いです。

進行すると脳梗塞や心筋梗塞などの他に、網膜症による失明や腎不全などの危険もあります。

治療は、初期は食事療法と運動療法が主ですが、進行すると薬物療法が必要となります。

合併症を防ぎ、日常生活を健康な人と変わらず過ごすために、治療の継続が大切です。